スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆殺して奪い取る!

今回はBORDER BREAKのお話

昨日何を思ったのか勢い余って「ヒャッハー!ゲーセンだ!」とかいって
BORDER BREAKをプレイしてきました。
私は基本支援兵装で戦っています。
その最大の魅力は何と言ってもリモコン爆弾!その威力は惚れ惚れします。
そんなリモコン爆弾ですが最強の爆弾「リムペットボムⅤ」を私は持っていない状態・・・
条件が敵を合計10機爆殺するともらえる勲章×10が必要で
つまり敵を100機爆殺しないといけないわけで・・・

そんな中昨日ついにそれを果たした!

新しいMAPダリーヤ遺跡が実装され初プレイ・・・どう動けばいいかわかんねぇよ!?
ただ広いが機動力がない重い装備でも活躍できる不思議なマップとしか聞いてない・・・

まぁ不安もあるが早速プレイ・・・あれ?BGMの雰囲気かなりちがうくね?
なかなか曲もよく皆不慣れな動きをしていたので安心してプレイしてました。
ある局面に来て、あれ俺に気がついてない軽量級とガチムチがひたすら動かず銃を撃っている・・・

これはキタ!

と言わんばかりに現在所持しているリモコン爆弾を投げつけ爆発!
左上に自分のカットインが出てきて
-2機同時撃破-
一気に2機稼いだ!?ここで調子に乗るのが俺・・・その後はひたすら爆弾投げまくってました(笑
おかげで後4機・・・これは今日中に行ける!
んじゃ次行こうということで再戦・・・あれ?見たことある名前が・・・
と思ったら隣の見知らぬ人とマッチしてました(笑
まぁ結局、剣をブンブン振ってくれたので爆殺させていただきました・・・
そしてついに10個目の勲章・・・!
そしてイージーミス・・・終わったのになんで再戦押すの!?俺のバカ!
その戦闘も終わりついに装備!その威力はいかに・・・

軽量級の強襲さんがホイホイ来たので適当に設置・・・「Pi」
あーカスあたりだぁ・・・と思ったら倒してた!?
すげぇ威力ですよ!マジ惚れ惚れします・・・

ニコニコ動画でおなじみ
【ガチムチ】爆破思考なクールのボーダーブレイク【ボンバーマン】
でも見て勉強しようかと思います。
しかし死炎兵葬・・・恐るべし・・・恐るべし!
スポンサーサイト

はたはたとクスクス

こんにちは!朧です。
今回は皆で食事に行ったのでその時のお話

ある日研究室のK君から「今度飯食いに行こうぜ!」
と言われたから気軽にOKして食う日を決めました。
そこでそんな話があり食いに行くことになったとメッセで
楽人とキャシャ(楽人のとこじゃ細ジナだったかな?)に言ったところ
楽人「俺も食いにいきてぇ!」と言い出したのでせっかくだし皆で食いに行くことになりました。
店内はとてもオシャレで野郎しかいない我々は場違いなのでは?と思ってしまいました。(笑)
コース料理を予約したらしくオードブルが出てきました。
見た目がとてもオシャレです!自家製のツナに半熟玉子の上に肉・・・とてもうまそうだ・・・
食ってみるとかなりおいしい・・・最初でこれなら後半は期待できる!と期待を膨らませていました。
見た目見せろ?写真をだせって?撮り忘れましたスミマセン・・・

次はパスタが出てきましたがこれは結構どこでも見るような感じのものでした。
写真?普通のものだったからとりませんでした!スミマセン撮り忘れです。

そして次に出てきたのがこいつ
クスクスとカジキ
クスクスとカジキマグロの料理・・・
カジキマグロは焼いてその上にソースと、とろけさせたチーズによる料理で
その横がクスクスとなっております。
カジキを一口・・・「んまぁあい!」と口からもれるほどのおいしさ!行ってよかった・・・
ところがここで問題発生・・・クスクスの味がとても不思議すぎる・・・
皆の顔がとてつもなく微妙な顔になっていくのがわかりました^^;
次に出てきたのがこいつ・・・
グリーンカレー
そうこいつはグリーンカレー!辛いことで結構有名ですね。
飲み物が無い私はこれやばくね?と軽く危機感を覚えました・・・
が別にそんなこともなくスイスイ食べてました。しかし周りを見てみると
「辛い!やばい!水!」
「み・・・水!水をくれ!」
かなりきつそうでした。そんなに辛かったかなぁ・・・?

楽人とキャシャの暴走トークもあり場は楽しく盛り上がっておりました。
そんな中で私は赤っ恥をかいておりました!
それはクスクス料理が出てきたとき店の方が
「クスクスって知ってますか?」と
言ってきたので聞いたことがある!たしか魚じゃね・・・?
とか言ってたら違ったみたいで店の方が説明をしてくれました。
実際なんで魚と答えたのか不明ですがその時知ったかぶりのようなことを自信満々に答えていました(笑)
なんでかなぁと家に帰るまでずっと考えていたところ
「魚か・・・ってはたはたじゃねぇか!?」と思わず叫んでいました!
ものすごく・・・勘違いです・・・
自信満々に言ったことがものスンごく恥ずかしい!

皆さんは勘違いに気をつけましょう><

本当の意味での情報社会

こんにちは!馬鹿ばっかやっているけど私は元気です。

さて本日は小説紹介でもしようかと思います。

第一回はこいつ↓



2001年に電撃文庫からでたライトノベルですね。
これはとある友人(今度紹介するかも)から教えてもらって本屋で見つけたので思わず買っちゃいました。

内容としては近未来的な話・・・

世界は数字でというか情報でできていて情報制御理論というものを用いて改ざんすることにより
様々なことが可能になったという世界です。
情報解体やら再構築などができるようです。
普段それを行うには専用の2種類の機械が必要になります。
一つは工場のように大がかりなものの機械。
もう一つは人間の脳に埋め込まれたI-ブレインという機械が必要になります。
後天的に埋め込むかクローンみたく情報をいじり生み出される場合もあります。
I-ブレインを埋め込まれて情報制御できる人間をこの世界では魔法士と呼ばれます。

実際それを使って戦争とかもしたみたいですね・・・
魔法士には大まかに4種類(イレギュラー抜き)があります。

 騎士 :近距離のエキスパート
炎使い :空気中の熱量とか使って炎や氷を操る遠距離タイプ
人形使い:無機物を人形のように操る
光使い :荷電粒子砲とか使う砲撃タイプ+重力を操ることも可能

このようにわかれております。
この作品は主にそこの主人公の成長、人間に対しての倫理問題などがえがかれております。
永久機関などが発明されている世界だけに技術はすごいですが人間が結構ないがしろにされてます。

この本は説明するのは非常に難しいのでこれ以上説明できません!(無責任
興味をもたれたら是非書店でお買い上げを!(笑

ハートフルオンラインゲーム エミルクロニクルオンライン

はい!そんなわけで今回はエミルクロニクルオンライン(ECO)の紹介です。
タイトル通り和やかな雰囲気のオンラインゲームですね~
私も何年かやっているゲームですね。

楽人も実はこのゲームをやっています。(まぁ私が誘ったんですが
そんな楽人がリング入りたいとか言い始めたので私が所属するリングを紹介。
リングマスターに話したら「面接する」とのこと
楽人は即面接を受けリングに入ることに・・・(下が面接会場の画像ですw
面接会場

楽人もリングに入りこれからどうしよう?となっていたところ
先日新しいダンジョンができたとのことなので早速そのダンジョンに突撃!

ワープを抜けるとそこは・・・モンスターの巣でした・・・

「グゥレイト!さすが数だけは多いぜ!」
と言ってしまいそうになるほど敵の数が多いこと・・・

数が多く苦戦しながらも奥に何とか進み、ボスが出るらしい部屋まで進みました。
なんとそこにはすでにボスがいるじゃないですか!?
まぁボスには取り巻きがいるのでそいつらから排除しようということで近づいてみる・・・
あれ?数多くないすか?てかやばいですよね!?
そんな状況だったので取り巻きをちょっとずつおびき寄せて倒すことになりました。

考えが甘かった!

結局取り巻きほとんど来ちゃって轢き殺される結果に・・・PT壊滅わずか数秒・・・
他のPTの方に復活させていただき、このボスどうしようか考えていたところ
新しいPTがやってきたではないですか!?
4PTぐらい集合したのでボスを討伐することに・・・
約1時間くらいかけてボスを倒すこととなるが皆の防具やら武器がぼろぼろになる被害が続出・・・
ですが初めてMMOだなと思える妙な達成感や熱さがありました。
そこにいた人たちは各々
「すごい感動した!」
「皆かっこよかったよ!」
など歓喜をあげて喜んでいました。

実際写真撮っておけばよかった・・・補助職で行った結果そんな暇がありませんでした!

ボスを倒したので気になるその落とすアイテムは・・・?
え・・・?クエストの品1個?・・・・

妙な虚しさが残る中PT解散となりました・・・

結果として凄く面白かったので個人的には良かったです・・・が
装備が壊れていたり被害甚大で泣きそうです・・・

やっちまった!?そんなばかりの人生を送る抜けた男

どうもみなさん!
今回はどうしようもないくらいバカなことをやってしまったお話です。
しかもやったのは昨日のこと・・・

昨日は研究室で教授から軽くお小言を頂きテンション↓していたところ
とある企業から内定を頂きテンションが↑↑ってしまった結果
ゲーセンで大はしゃぎ!楽人さんと友人3人で23時くらいまでBORDER BREAK!
しかし私は家が電車で約1時間半
(本日の運行の)終電があと20分!やべぇと行ってダッシュしてきました。
走った結果時間はギリギリながらも駅につきました。
しかしそこで問題が・・・トイレに行きたくなってまいりました・・・
いや我慢できるか・・・?いやできない!ということトイレに駆け込みさらにダッシュ・・・
結果タッチの差で間に合わず・・・無念なり!
まぁもらすよりかはいいはずだよね・・・うん・・・

そこでどうやって帰るかと考えた末・・・まぁ親に報告し、話の流れで高速乗って迎えに来てくれるとのこと!
やったー!というわけで駅からインター付近へ移動

ちなみにその頃、楽人と友人3人はラーメン屋で飯を食っている状況

λ... バカ移動中

インター付近になってきたところ後ろが騒がしい
振り返ってみると
楽人と友人二人が自転車でそこにいる状況!
楽人と友人一人が暴走族のまねをして「兄ちゃん金だしな!」とか言ってきやがった!

バカにされる状況を作った俺の馬鹿さ加減を盛大に今現在でも後悔をしている。

そこで俺が「エルビー飲もうぜ!」と楽人のブログにもあったのでそう提案した。
結局一行はインター付近のファ○マで待つことにした。
ところが目的地直前で親が着いたのでそれもかなわぬことに・・・
つかなんでこんなバカな展開になってるんだろう orz

とまぁ浮かれすぎてバカやると自分がかなり恥ずかしいもしくは悔やまれる結果にしかなりません!
皆さんはこんなことしないでくださいね!
いやまぁやってこんなことあったんだぜ!とか面白い話にはなりそうですがね・・・
そんな話を募集してますよ!(ぇ

そんなこんなで昨日を振り返り思ったことは
ゲーセンに置いてあったウーパールーパーをみて意外にかわいいなと思い飼いたい衝動に駆られたことでしたw
(もうだめなやつだね俺ってば

オンラインゲーム行く末を表したゲーム.hack

今回はやったゲームの紹介をしていこうかと思う!

記念の第一回目は結構やったゲームでハマったと言えばハマった
「.hack」シリーズについて紹介しようかと思う。

「.hack」シリーズとはアニメ・漫画・小説・ラジオ・ゲームのメディアミックスを
目指したプロジェクトである。

今回はゲームのお話なのでゲームについて話すが実際のストーリーの流れを作品名で示そうと思う。


①hack//AI buster(小説)
②hack//SIGN(アニメ)
③hack//ZERO(小説)
④hack(ゲーム)
⑤hack//黄昏の腕輪伝説(漫画・アニメ)
⑥hack//Roots(アニメ)
⑦hack//G.U.(ゲーム)
⑧hack//Link(ゲーム)


この順で物語が展開されていくのだけども実際前知識無くとも.hack(ゲーム)の話はできるのでカット

さて世界観であるがタイトルに書かれたとおりオンラインゲームを題材にしたゲームである。
近い将来このようなゲームが多数出ると私自身も考えています。

世界観としてこのような世界となっております。

20世紀に爆発的に普及したインターネット・・・
便利の裏側にコンピュータウィルスなどの犯罪行為も行われていた
ここまでは我々の現実と同じです。
ですがそこであるウィルス「Deadly Flash」というものが出回るようになり
その効果で死者7名を出した。ネットワーク史上初の死刑判決が下された。
さらに数年後に「Pluto Kiss(冥王のくちづけ)」というウィルスによりネットワーククライシスを引き起こす。
世界の様々な機能が停止し、77分後に復帰するもネットワークの脆弱性が露見することに。
さらに製作者が10歳の子供とありネットへの不信感がさらに募った。
ただし例外があり「ALTIMIT」というOSだけ無事だった。
以後ネット社会は完全に一般社会から消えたが2007年に復活することになった。
そこで目玉になったのが「The World」というネットゲーム。
そこがこのゲームの舞台となる場所です。

ウィルスのせいで完全にネット社会が死んだ世界がバックにありますw
まぁ死人は出ないまでもネットによってライフラインとか止めれそうで実際怖いですよね・・・

ここからはゲームのストーリー

ごく普通の中学生の主人公が友人のヤスヒコ(PC名「オルカ」)に誘われ「The World」をすることになる。
オルカからゲームのレクチャーを受けるためダンジョンに潜り込んだはいいが見慣れない白衣をまとった少女の
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)を見かける。オルカは何か思い当たるようなことがあり追いかけることに。
いった先には大鎌を構えたモンスターがいてNPCは襲われていた。
そこでオルカはこれを倒さんと攻撃を行ったが全く効いていない。
そこで見たこともないような技で倒されてしまう。
結果としてNPCも倒されNPCに腕輪を託されそのダンジョンから放りだされることになった。
その後友人に連絡しようとしたが友人は意識不明により入院。
原因はゲームにあると考えゲームで情報収集することに・・・

そうやって主人公が仲間を集め、友人を救うために頑張るお話です。
主人公や周りの人間の成長を見ていくどこでもあるようなRPGとなっています。
実際このゲームはVol1~4と4本ありそれなりに長めでその分楽しめます。
ゲームバランスもそこそこでサクサク進めていけます。
話としては個人的には好きですね~設定のオンラインゲームが題材のゲームってところもいいっすねw
ヒロイン的存在にブラックローズというキャラが出てくるのですが
そのキャラについてもブラックローズ視点で小説が発売されておりさまざまな楽しみ方ができますね。
幅が広く中身がぎっしりしているのがこのシリーズの特徴!
1~4までクリアするとパロディモードなるものがある・・・
やってみるとわかるが内容がめちゃくちゃであるw
ちなみにオンラインゲームが題材なので本名はわかりませんが設定はあります。
実際アニメやゲームのキャラが小説で本名で出ていたりしますし。

というわけでやってみませんか?.hackを!


※Vol.1の最後のボスが一番の難関と感じたのは俺だけだろうか・・・?w

ハイ(這い)スピードロボットバトル!その2

さて今回もBORDER BREAKについてお話しますね!
今回はこの意味不明なタイトルに関わりがあります!
そういえば前回勝敗について詳しく書いてないことに気がついた・・・orz

勝敗は敵陣と自陣にあるコアのゲージを守るor攻め、時間内(600秒=10分)にゲージを0もしくは相手のゲージと自分のゲージの差で勝敗を決めます。

ハイスピードロボットバトルという通り実にスピーディです。
そこで速さにかかわるパーツについて説明しましょう!
パーツは以下の4つになります。

~パーツ部位~
①頭
②腕
③胴
④脚

以上の4つからなってます。

パーツに共通してるのは重さと装甲の硬さです。
他にも軽・中・重量級と区別があります。速さと防御力に関わってきます。
ではそれぞれの能力の説明をしましょう。

①頭の能力
・射撃補正
・索敵
・ロックオン

以上3つが特徴となり大雑把に言えば
射撃補正は銃を撃つときまっすぐ飛びやすくなる。(手ぶれとはまた別
索敵は遠くからでも情報を見ることができるようになる。(例:相手のHPや仕掛けたトラップなど
ロックオンはロックオンできる距離が延びる。
という能力を持ち合わせます。

②腕の能力
・反動吸収
・リロード
・武器変更

特徴は
反動吸収は手ぶれをなるべくなくします。
リロードは弾切れの際のリロードの速度に関わってきます。
武器変更は武器を変更する速度に関わってきます。

③胴の能力
・ブースター容量
・SP供給率
・エリア移動

ここが意外に重要です。
ブースターはまぁ容量と書いていますし、ブーストできる時間に関係しています。
SP供給は前回の兵装説明の際言ってませんでしたがそれぞれ特殊武器があります。

強襲は追加ブースター(アサルトチャージャーというもの)
重火力は榴弾砲
狙撃はバリア発生装置またはステルス
支援はリペアキット
とありそれにはSPというゲージを使います。
SP供給はそのゲージの回復に関わるものです。

エリア移動とはプラントという陣地を奪い取るのですが占領したプラントにワープするまでにかかる時間に関係があります。
3~7秒かかるため自分の戦闘スタイルに応じて考えなければなりません。


④脚の能力
・歩行
・ダッシュ
・重量耐性


歩行はそのまま歩く速度になります。
ダッシュはブーストするときの速さに関わりこれが脚にとって重要となります。
重量耐性は各パーツ各武器の重さに対しての耐性です。許容値を超えると重量過多を起こすためスピードや歩行が遅くなったりブースト切れるのが速かったりします。

自分がよく使う兵装と戦術に合わせてパーツを選ばないといけません。
ただしそこが楽しかったりしますw

さてパーツの説明をしたところでハイスピードといわれるゆえんはこのパーツの組み合わせによりスピード重視の機体ができるためです。(ただし紙装甲・・・

逆に遅くても防御なら負けんぜ!っていう組み合わせもOKです。(私なんかこれです

普通なら強い組み合わせで戦おうと思うかもしれませんがそこに遊び心を持った職人たちがいます・・・

それは最も重量耐性が無い脚を使い上は最も重いパーツを使うという何のメリットもない戦い方をする方々がいます。

まぁ脚のパーツをシュライクというものにして這って歩くような姿から
このパーツの組み合わせをしているロボットに対してこのような名前が・・・
珍獣シュラゴン

パーツからこの名前がきておりますw

このようにHigh Speed Battleを行う中でシュラゴン達は這いスピードバトルを繰り広げていきますw

とてつもなく遅い上に実用性は皆無ですw
私も遊び心でついやってしまうかもしれませんね・・・

ハイ(這い)スピードロボットバトル!その1

タイトル見ても何だこりゃ状態ですね!

今回ゲーム紹介としてBORDER BREAKを紹介します。

BORDER BERAKとかSEGAがゲーセン用に作ったオンラインゲームである。(例:戦場の絆)
最大10対10で全国大戦ができるロボットゲームである。
ハイスピードロボットバトルを繰り広げましょう的な感じで!
自分の名前と使うキャラを決めて登録するんですが私の名前はプロフィールの通り・・・
どうしてこうなった・・・

ロボットにとって重要なのは装甲(パーツ的なもの)があり、さらに4つの兵装があります。
装甲についてはメダロット的な感覚ですねぇ~

~4つの兵装~
強襲(アサルト)
重火力
狙撃(スナイパー)
支援

以上がこのゲームにおいての役職になるわけです。
各兵装についての説明ですが・・・

まぁ一番わかりやすい狙撃を
一言いってスナイパーですね!ゴルゴやってくださいw
特徴として協力な遠距離射撃です。
またステルス(メタルギアのステルス迷彩的なもの)を買うことで非常に厄介な相手になります。
消えて気が付いたら横でライフル撃たれる!ことが多々ありますね。
狙撃は以上!

次に重火力!
名前の通り火力高い武器をかなり持ってます。
ガトリングにバズーカ、榴弾砲にチャフなんか持ってます。
基本重い武器ばかりなので移動は遅いのですがその分火力はあるというものですね。
とにかく火力こそすべて!という方にお勧め

強襲について
強襲とは兵装の中で最もハイスピードかつ近接から中距離、さらには遠距離で活躍できる万能兵装。
主な武器はサブマシンガンに突撃銃を装備できます。
さらに手榴弾を所持しており爆発ダメージを与える上に剣を持っているため相手を薙ぎ払っていきます。
さらにさらに追加ブースターを持っているため移動速度・距離ともにNO.1です。
非常に使い勝手がいい上かなり強いのでこのゲームで使用されることが最も多い兵装かもしれません。

そしてやってまいりました支援!
私はこの兵装をメインでやっております。
主武器はショットガン!いいですよねぇショットガン・・・
他には地雷やリモコン爆弾が非常に強力な武器です。
支援というだけあって偵察機、またはセンサー所持をしており相手の場所を特定します。
さらに自機と味方機を回復できるリペアユニットを搭載!
自分は戦闘より支援・・・という方は是非!
さらにいうと自分は戦闘好きだし長く生き残りたい!というかたにもお勧めです!(私なんかがそうです)

とまぁ初回の説明はこんな感じで終わりにしましょう!
話せば長くなるのがボーダーブレイク・・・
ゲーセンに立ち寄った際ちょっと探してどんなものか見てみてください
非常に中毒性があるゲームです、用量用法守りプレイしてください!
(ちなみに私はもはや手遅れ

不幸な話+リンクしてもらいました!

おやすむというブログの主楽人さんとブロ友になりました!
まぁ友人でブログ先輩な人ですね。

さて不幸なお話ということで・・・
これには楽人という凄い男(漢?)もかかわってきます。

私が高校を卒業し、翌日スーツを着て入学式だ!
と期待と不安を胸に就寝する予定でした・・・
ところが「腹痛い・・・やべぇ・・・」と感じ始めました。
その後どんどんエスカレートしていきもう我慢できねぇ!って状態まで追いつめられました。
仕方ないので父親に言われ病院に行くことになり・・・(行く間にだいぶ悪化
検査中にホワイトアウトをしたり倒れそうになったりしていよいよ危ない状況になりました。
結果として盲腸だったのですがその時、熱にして40度を超え意識朦朧・・・
腹の痛みがいよいよやばくなり・・・これが盲腸かと感じながら話を聞いていました。
ここで治療の方針が2つあると医師によりいわれます。

~治療方針~
①手術で摘出してしまう
②薬でじらす

まぁ大学あるし明日は無理でも手術より早く終わる可能性のある薬を選びました。
これくらいなら薬でなんとかなると思うと医師が言ったので信じてそれを選びました・・・
翌日6時・・・高熱により徹夜なわけで・・・
そこに医師登場

医師「思ったよりでかいので今日手術しましょうか」
俺@40度の熱「(30秒ぐらいかたまり・・・)わかりました。やる他なさそうですね。」

話が違うじゃないか!

高熱で混乱しながらも仕方ないので覚悟を決め、その日の夕方手術になりました。
手術は無事に終わるも意外な事実が・・・
医師「結構末期で危なかったよ?切り取った部分の裏側真っ黒でさ?見てみる?(笑)」
いやみねぇから!頼むからしまってくれと麻酔が抜けきっていない私が必死に訴えたわけで・・・
しかも夜は麻酔が切れ、痛みと戦った挙句また徹夜ということになってしまいました。
結果として1週間で退院したのですが大学も1週間分の遅れが出てしまうわけです。
そして大学に行けることになりましたがなんと初の大学は交流会ということで
恵那での研修ということになりましたw
そこで楽人と出会い話をすることに・・・

俺「盲腸で入学式出れなかった」
楽人「ギャハハハハ!(大爆笑)」

初対面でこんだけ人の不幸を豪快に笑ったやつはこいつが初めてだった。
いやまぁ普通いないよねこんなやつw

とまぁ大学しょっぱなから入院という不幸スタートなスタートで始まりました。
まぁこれがネタで楽人と仲良くなれたからいいんですけどやっぱ不幸っちゃ不幸ですよねぇ・・・
皆さんもこんな経験があるのでは?

はじめに

このブログはただ自分の書きたいことを勝手気ままに書いてくブログです。
おもにゲーム(ECO及びボーダーブレイクが主軸)、
自分が読んだ小説(ライトノベル)、
リアルの日常について書いていくものです。

私自身がかなりいい加減なのでどんどん突っ込みを入れてくださいw

※備考

ボーダー名には突っ込まないでください・・・
カウンター
プロフィール

偽紳士キダ・タロー
Author:朧またはそぼろ
HN:朧
性別:男
職業:学生
性格:強気かつ弱気
ボーダー名:
偽紳士キダ・タロー
SkypeID:oboro_or_soboro

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Categories...

openclose

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。